くうやん①

我が家の三男坊、サザナミインコの「空太郎」   ニックネームは「くうやん」。

遡ること1年前、自転車で30分ほど離れた所に主人の両親が住んでいる。
お姑さんの様子がちとおかしくなり(ボケが多くなった)
何とかしなくてはと義理姉に相談し動物を飼ったらどうか?という話になった。

もともと猫が好きなお姑さんは、ブサかわの猫記事を切り抜きして壁に貼っていた。
私が訪ねて行くと嬉しそうに

姑「これ!みて!かわいいでしょ!」

私「え~・・・ぶ・ぶ・ぶ・ブサイクやん!!!」 という会話を行く度にくりかえした。

ぶさかわ猫
こんな感じの記事。(こんな顔つきの人間おるよね)

猫を飼えばきっと可愛がり楽しく過ごせるのではないだろうかと思ったが
でも動物を飼うからには、どんなことがあろうとも最後までキッチリ面倒を見なければならない。
もしおじいちゃん(お舅さん)が調子が悪くなったら、我が家で面倒見なければならない。(姉は関東)

O次郎はとても優しいくてビビリンチョな性格なので、
もし猫と生活することになれば毎日ビクビクして落ち着いた生活ができなくなるに違いない。
そこは譲れない。

そこで白羽の矢が当たったのが、インコ。
おばあちゃんもセキセイインコを飼っていたのできっと喜ぶに違いない。
万が一、我が家で預かることになっても、鳥ならば小さいし、
優しいO次郎も可愛がってくれるのではないかと考えた。
がしかし、優しくても犬。不安もあったが、できるだけ早くという姉の要望もあり
インコ探しが始まった。

窓際のポカ次郎。気持ちいいね。
pokajiro.jpg



つづく・・・



よかったらポチっと応援よろしくお願いします(*´ω`*)
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント