出会いと運命

暑い~~
朝散歩してたら、汗かいちゃったわー
上がったり下がったり、お忙しい気温ね~


最近、お客様やグランドママ、沢山の方々と触れ合う中で
ちょっと思うところがあってね

どのご家庭も、犬を迎える時に必ずドラマがあるということ
kunnkunn14.jpg



O次郎もそうなんですよね
犬を飼うなら絶対センターから引き出す!
と私は考えていました
でも、センターへ行く勇気もなく(選べない)
ネットで画像を見ていると、辛くなってきて・・・

写真のない掲示板を見ていたときに
「小さめコーギー3歳 おばあさんが入院のため里親募集」
とありました
どんなにぶさいくであろうと、病気を持っていようと
この子!という私の中で想いが募りましてね
これが出会いです
引き寄せられたのかな?



ある方のお話し
その子は12年前、家の玄関先に玉ねぎの箱に入れられて、捨てられていたそうです
がりがりに痩せた子犬。
皮膚病で毛がなく、血便で真っ赤な子だったそう

病院につれて行き、「五分五分ですよ。医療費をかけてもいいですか?」
と先生に言われたそうです
その子はもちろん、手厚い処置を受けさせてもらい
ご家族に迎え入れられました
これが「出会い」です

それから、その子はご家族の愛情を一身に受けて
幸せな幸せな犬生を送り
先日、天寿を全うしたとのことでした

救ってくれた命に感謝するがごとく、
その子は、とっても穏やかで優しくて、ママ命の甘えん坊さん
後から加わった猫2匹にも優しく接してくれて
本当にお利口さんだったそうです

そんな天使のような子だったから
優しいご家族のもとへ「運命」として導かれたのでしょうね


そんな数々のドラマを感じ取れるご家族に迎えられた犬たちは
本当に幸せな子たちだと思うのです。


きっと飼い主さんは、こう思われていると思います
「うちの子になってくれてありがとう」

そして犬たちもこう思っていると思うのです
「母さん大好き!父さん大好き!お兄ちゃんお姉ちゃん大好き!」

そこにはたくさんの愛情と感謝が溢れています

だからこそ、動物たちは可愛がってくれた家族を
虹の橋で何十年も待ってくれているんでしょうね



里ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

また会う日まで

有難う御座います。
まだまだ寂しさで苦しい毎日ですが、またきっと会えると信じ
その時まで里を思いながら過ごします。
あの子の存在の大きさを今更ながら感じています。
優しいお言葉を有難う御座います。

里ママ さま

すみません!
わざわざコメントありがとうございます。

小さな姿ですが、大きな存在ですものね。
どこを見ても、たくさんの思い出だらけなので
笑顔で送ってやれるまでには、長い時間がかかりますよね。

動物の命は短いので、必ずお別れがやって来ます。
私もいつか、見送らなければなりません。
きっと毎日涙が出ない日は無いくらい、涙が止まらないことでしょう。

でも私は、ひとつだけ決めていることがあります。

悲しみを時が癒してくれる日が、その時期が来たら
「笑顔で見送る」そう決めています。

四十九日はそのための法要ですよね。
人間でも動物でも供養はとても大事だと思うのです

そうするときっと安心して虹の橋へ向かうと信じています

だって、ワンコたちはきっと
ご家族の笑顔が一番嬉しいんでしょうからね!
合掌