次郎飯

前にも触れましたが、ウチに来た当初は皮膚の状態が良くなくて、
試行錯誤しながら約1年半、ようやくツヤ次郎なりました。
(前の記事はここからどうぞ→フケ次郎

ツヤ次郎になれた最大の要因は、やはり手作り食。
特に玄米に変更してから非常に調子がいい。
毎朝、次郎飯のあとは、ジログルト(ヨーグルト大さじ2+ホエイ)。もう来てからずっと続けています。
1日3度の散歩で毎回快便!茶色ウン。(1日3回って(笑))黒い便は注意なんですって。

須崎先生の本に書いてあったのだが、大事なことは人間でも同じ、
食べ物をクスリにする=医食同源
中国は古くから、身体に良い物を食べることで健康を保つという思想が根付いています。
今の中国の思想には腹が立つけど、昔の思想は良い事がたくさんありますね。

私も最初はめんどくさいと思っていました。
(O次郎には悪いけど)だって手間だと思っていましたから。
でも痒がり、鼻まで痒がり出したオージを見るのが辛くって、
何とかしてやりたい!その一心でした。
でも、そんなにたいしたことはしていません。

   ①1週間に一度、3合の玄米を炊く。(タッパに小分け冷凍)
   ②ドックおじやを2~3日分作る。
    1食分のみ冷凍保存、作れない時の為ストック。あとは冷蔵庫へ、
    そのつどレンジで温める。
   ③あれ?!終わり。
これだけのことなんです。1週間に3回ドックおじやを作るだけです。

ドックおじやは、簡単に言うと適度に刻んだ野菜や海藻を中心に献立を組み立て、
ごはんと煮込むだけです。
人間でもそうですが、食べ合わせで栄養吸収がグ~ッと良くなるので
そこが大事なポイントでしょうか。

ウチのオージは、腎臓に結石があることが判明してから、
シュウ酸を多く含む食べ物は極力控えています。
とはいえ、シュウ酸を多く含む野菜の中には、
ほうれん草、キャベツ、さつまいも、バナナ・・・
オージの好きなものばかりです。

特にシュウ酸の多い、ほうれん草は控えていますが、他は与えています。
ただし与え方があるのです。食べ合わせです。

バナナ+ヨーグルト=シュウ酸はカルシウムと一緒に摂取すると体内への吸収率が下がる。
ドックおじやを煮込む時、できるだけアクを取る。
(野菜のアクは主にシュウ酸だそうです)


経済的にも優しいドックおじや。
近所のスーパーでまぐろやサーモンなどのさしみの切り落としを
安く売っているので助かっています。
ささみ、ラム、馬肉、豚肉、いろんなお肉も与えています。
牛はなかなかあげれないね><
ドックフードよりもはるかに安上がりだな。

jiromeshi.jpg

今朝は、昨晩作っておいた「まぐろのドックおじやだよ」
材料は、まぐろ切り落とし、かぼちゃ、わかめ、かぶの葉、ホワイトしめじ、玄米
ごま油で材料を炒めて、水投入(多め)玄米(凍ったまま)投入、
アクを取りながらカボチャに火が通るまで煮込んで出来上がり。
トッピングに生のかぶ、人参のすりおろしをトッピング(酵素をプラス)
結石持ちなので水分は多めです。


待て次郎。   「よし!」と言うまで待ち続けます。
matejiro.jpg

よっし!
ウマウマ次郎。最近落ち着いて食することができるようになりました。
それまではガツガツ一気食いでした。
umajiro.jpg


本を読むまで知らなかったことがいっぱいでした。

・海藻は消化が悪いので与えなかった→ ミネラル補給
・きのこ   〃   →免疫力UP
・酸化しにくいオイルを与える →オリーブオイル、ごま油、
(そのままかける、亜麻仁、えごま)

かぼちゃはよく入れてやります。甘くて大好きですね。
(βカロテンが豊富で体内で必要な分だけビタミンAに変わるそう。腸の粘膜を健やかに保つ。
油と一緒に取ると吸収率UPだそうです)


話は変わりますが、冬はやっぱりこれですな!
あんこ姉さん(娘)が食べたい食べたい!と呪文を唱えておりましたゆえ作りました。
う~ん♪あずきってサイコ~♪  

zennzai.jpg

オージが「おでも~!おでも~!」とうるさいですが、こればっかりはあげれないのだよ。
urujiro.jpg

ごめんね!オージ!


よかったらポチっと応援よろしくお願いします(*´ω`*)
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント