O次郎との出会い

2011年7月18日、コーギーが我が家にやって来た。。。


犬を飼うなら保護した子をと。
私はネットで里親募集の掲示を毎日見ていました。
.....が見れば見るほど.........決められない。

最初は子犬をと思っていたけど、
「子犬なら我が家でなくともチャンスは多々ある。」と思ってみたり

「老犬を引き取ってあげたいけれど、
もしすぐにお別れが来たら耐えられるのだろうか」など

考えていくうちに画像を見るのが辛くなり、
なぜか画像のUPされていない掲示板を毎日チェック。

気になる犬が見つかって、家族構成や想いを詳しく記載し、
意を決してメールを送ったけれど音沙汰無し。
ショックを受ける。


その後一ヶ月近く経って、ふと見に行った掲示板に
「小さめコーギー3歳、里親募集」とあった。

おばあさんが飼われていましたが、骨折入院の為飼えなくなり里親募集と。
気になる!気になる........気になる!気になる!
でも何でまたおばあさんが活発なコーギーを???


介護の仕事をしていた私は、一人暮らしのお年寄りがペットを飼うと
面倒を見切れないという現状を知っていたため
気になって気になって仕方ありませんでした。

どうしても気になり、意を決して主人に相談。
主人は犬を飼う事をあまり快く思っていないと思いこんでいたため
上手く話さないとと緊張して話をしました(反対されると信じ込んでいた。)

すると
「そっか...お前に任せる!
だが飼うからには最後まできっちり面倒をみてやる覚悟で見なアカンで」
と一任してくれたー!!!

飛び上がって早速、家族構成等を記入しメールを流した。
すぐに返事が来てトントンと話がまとまって行き、
そこで初めてどんな顔してるの?と気付いた!!!


どんなブサイクな子でも
皆でいっぱいいっぱい可愛がってあげようね!
と一致団結したところで画像を要求しました。
(手放す位だからブサイクで問題ありだと思っていた。)



そうしたらなんということでしょう!

最初

こんなにかわいい子ではありませんか!


つづく...

よかったらポチっとお願いします(*´ω`*)
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト