ひょろひょろコーギー

O次郎が我が家にやって来た時、

足の筋肉がほとんど付いてなくてヒョロヒョロ。

お散歩は上手に行けたけど、上手く走れない。

歩いててもつまずいたり、ふらふら腰が定まっていない様子。

肉球はピンクでとても柔らかかった。



おそらく一番走ったり運動しなければならない
2~3歳時期を(2年間くらいかなー?)
おばあさんとのんびり、寝て過ごしたと想像できる。
後ろ足も小刻みに震えていた。

でも体調はとても良く、元気元気!
病院に行ってメディカルチェックしてもらいました

そしたら、前立腺が腫れているようだ!と言われ
急いで去勢手術をしました。

hyoroji.jpg

来た頃のO次郎。
胸板が薄いでしょ。。。3歳には見えません。
お散歩中に、まだ1歳?とよく聞かれました(*´;ェ;`*)


さあ、そこから家族皆で協力しながら
無理のないように、毎日お散歩させました。
朝、夕、夜、一日3回。

あれから約2年。
今では颯爽に? いや、ちょこまか? いやいや堂々と走っておられます(笑)
筋肉もしっかり付きました!

IMG_0230_convert_20131206174658.jpg

走る姿を見るたびに
嬉しくて泣きそうになる おかかです。


よかったらポチっとお願いします(*´ω`*)
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ふたりのゆうすけ

不思議なことがあるのです!

我が家の息子の名前は、ーーーーー ゆうすけ。お誕生日は2月9日
コーギー犬の元の名前もーーーーー ゆうすけ。お誕生日は2月8日 

この事実を知った時、私は驚きと感動で震えました!

この子はうちに来るべくして来た子なんだと!
 
不思議なことがあるもんですね!


しかし困ったことに、家族にふたりゆうすけがいると
ややこしくてしかたない

やはりここは、第二の犬生にふさわしい立派な名前をつけてやらねばと
家族会議が始まった。

フレディ    フレディマーキュリーのちょび髭を思わせるので却下
アル      鋼の錬金術師をそのままパクリやんか流行り便乗で却下 
ケイレブ    呼びにくい却下

イギリスの王室の犬というだけに横文字ばかりが頭に浮かんでくる。
意外とむつかしいものである。


そこへおとと(父)登場!
「そのネーミングセンスの無さはなんやねん!
わしがこれしかない!という名前を考えた。
もうこれ以外は考えられん!」

命名  O次郎

普通なら、吉本新喜劇のようにズッコケルところだが、私たちは深く感動した!
そうだ!
どうして思いつかなかったのだろう。。。


私には3歳年下の妹がおり、小さい時から無類のぬいぐるみ好きで
実家にはたくさんのぬいぐるみが所狭しと並べられていた。

息子が3歳くらいの時だろうか、実家に戻った時に数あるぬいぐるみの中から、
おばけのO次郎(バケラッタ)のぬいぐるみを見て、
そのかわいい姿に、彼は一目ぼれしてしまったのだ。

それからはもう、寝るのも一緒、TVを見るのも放さない。
毎日スリスリひぃんひぃんと、それはそれはかわいがっていた。
や、や、やばいんじゃないの?ってくらい。男なのに...

小学校になっても、中学になっても...
いや中学はさすがにスリスリはしなくなったが
いつもそばに置いて大切にしていました。

だからO次郎と聞いた時、家族みんなで大賛成!
おとと(父)は一気に株をあげたのである!


最初は長男を「ゆ~すけ~」と呼んだら間違って来るかな?と思っていたけれど、

すぐに「オージ!おーじろ!おーちゃん!」
に慣れて違和感なくすんなり受け入れてくれたようだ。
きっと気に入ってくれたのだろう。


ぼく、元祖O次郎!
O次郎 本家

子供たちがスリスリ可愛がっていた為、
手アカだらけで、くすんでしまったかわいそうな姿の元祖O次郎!

さらに、コーギーO次郎に目玉をえぐられて
眼帯生活を余儀なくされた元祖O次郎です

(洗ったら崩れそうで洗えないの
だってかれこれ30年位歴史あるものだから。。。年ばれるね)


よかったらポチっとお願いします(*´ω`*)
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

保護の経緯

京都で一人暮らしをするおばあさんに飼われていたコーギー。
そのおばあさんは認知症もあり、介護ヘルパーが入っていたそうだ。

そもそもなぜ、おばあさんがコーギーという活発な犬種を飼っているのか?

最初に飼い始めたのは孫娘のようで、結婚して県外へ行き、
何らかの理由で連れて行くことが出来ず、
おばあさんに押し付けるという形になったようだ

ヘルパーさんは普段から
お散歩もしてもらえず
おしっこシートも汚いまま

おばあさんが認知症だったため、
エサも貰ったり貰えなかったりだったそう(涙)

それでも、とても穏やかで良い子なので
それはそれは不憫に思っていたそうです。

体重も当初は8kgしかなかったそうです。

我が家に来た時は8.6kgだったので、
保護主さんが一生懸命、食べさせたり、お散歩させてくれたのだと思う


来て間もないころのO次郎。
Image561.jpg


おばあさんが骨折してしまい、入院になってしまったため、
この子の行く末が気になったヘルパーさんが
近くに住む息子に話を聞きに行くと
(息子はゴールデンを飼っていたので引き取ってくれるとばかり思って尋ねたそうだが)
引き取る気は無いと断言し、
ヘルパーさんが「里親募集されてはどうか?」と一生懸命説明しても
「保健所に連れて行く」と、まったく聞き入れなかったそうです。

家族に迎え入れられて、最初はファッションの一部のように可愛がってもらったのだろう
でもその後は、お散歩なしの生活を余儀なくされ
8kgまでひもじい想いをさせ、若くてはつらつとした時期を奪い、
挙句の果てに出した結論が、保健所行き!!!
悲しすぎる。。。
なんてひどい家族なの。。。



このままでは、この子が可哀そう過ぎると、
そのヘルパーさんが友人Nさんに相談し、
飼えないNさんは、そのまた友人のMさんに依頼。
MさんもペットNGのマンションに住んでいたが、
大屋さんに頼み込んで3カ月だけ猶予を与えられた。

Nさんはいろんなサイトに募集記事を書いたそうだけど
連れていくと言うと連絡がとぎれたり、
繁殖目的の業者のような問合せが多く
なかなか決まらず、タイムリミットの3か月が過ぎようとして
頭を抱えていたところに、私がヒョッコリ連絡したらしい。

とても良い子なので、家族がいる方をと望んでいたそうです。

たくさんの方々の連携があり、我が家にやってきたO次郎。

お三方が動いてくれなければ、この子は冷たい無機質な保健所の床に
腰を下ろさざるをえない状況だったであろう。。。
そう思っただけで、胸が苦しくなり、泣けてくる!

本当に感謝してもしきれないほどです。
ありがとうございました。
(見ることはないとわかっているのですが感謝せずにはいられない)

NさんはO次郎を我が家に届けてくれてすぐに、お仕事でアメリカへ行かれたと聞きました。
もう連絡する手立ても無くてどうしようもないけれど、いつかまた会ってお話ししたい。
別れ際に彼女は私にこう言いました。

「私もいつか家族ができて犬を飼える状況になったら、是非保護犬を迎えたいです。」

まだ20代のお姉さんでしたが、とてもしっかりとしたステキな方でした。
その優しい行動のおかげでO次郎を家族に迎えることができ、
私たちは今、とても幸せです。


ヘルパーさん、Nさん、Mさん、もし万が一このブログを目にすることがあれば、
幸せに暮らしているO次郎を是非みてやって欲しいのです。
そしていつかまた会えますように。

ode.jpg
画:姪っ子 まよ作
つづく...

よかったらポチっとお願いします(*´ω`*)
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

O次郎との出会い

2011年7月18日、コーギーが我が家にやって来た。。。


犬を飼うなら保護した子をと。
私はネットで里親募集の掲示を毎日見ていました。
.....が見れば見るほど.........決められない。

最初は子犬をと思っていたけど、
「子犬なら我が家でなくともチャンスは多々ある。」と思ってみたり

「老犬を引き取ってあげたいけれど、
もしすぐにお別れが来たら耐えられるのだろうか」など

考えていくうちに画像を見るのが辛くなり、
なぜか画像のUPされていない掲示板を毎日チェック。

気になる犬が見つかって、家族構成や想いを詳しく記載し、
意を決してメールを送ったけれど音沙汰無し。
ショックを受ける。


その後一ヶ月近く経って、ふと見に行った掲示板に
「小さめコーギー3歳、里親募集」とあった。

おばあさんが飼われていましたが、骨折入院の為飼えなくなり里親募集と。
気になる!気になる........気になる!気になる!
でも何でまたおばあさんが活発なコーギーを???


介護の仕事をしていた私は、一人暮らしのお年寄りがペットを飼うと
面倒を見切れないという現状を知っていたため
気になって気になって仕方ありませんでした。

どうしても気になり、意を決して主人に相談。
主人は犬を飼う事をあまり快く思っていないと思いこんでいたため
上手く話さないとと緊張して話をしました(反対されると信じ込んでいた。)

すると
「そっか...お前に任せる!
だが飼うからには最後まできっちり面倒をみてやる覚悟で見なアカンで」
と一任してくれたー!!!

飛び上がって早速、家族構成等を記入しメールを流した。
すぐに返事が来てトントンと話がまとまって行き、
そこで初めてどんな顔してるの?と気付いた!!!


どんなブサイクな子でも
皆でいっぱいいっぱい可愛がってあげようね!
と一致団結したところで画像を要求しました。
(手放す位だからブサイクで問題ありだと思っていた。)



そうしたらなんということでしょう!

最初

こんなにかわいい子ではありませんか!


つづく...

よかったらポチっとお願いします(*´ω`*)
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村